購入情報

はじめやすい契約形態

価格(法人製品)

1ライセンス 28,000円/年(税込 30,800円/年)


初期導入費 300,000(税込 330,000円)    


※最小5ライセンスからご購入いただけます。
※1ライセンスあたり10GBのクラウド容量をご利用いただけます。
※建設mazecをご利用いただけます。

※販売パートナー企業様については、MetaMoJiコーポレートサイトよりご確認ください。 法人パートナー紹介ページはこちら ※個人版eYACHOの価格は、こちらからご確認ください

製品版と同等の機能がすべて使える! 30日間 無料 体験版を申し込む

各種サービス

操作講習会

半日コース(基本2~3時間)
100,000円~(税込 110,000円)


「eYACHO for Business」のインストールから初期設定、帳票の作成、共有方法などの一連の利用を、お客様にハンズオンで支援させていただきます。

※操作はお客様ご自身にしていただきます。
※東京近郊以外は交通費実費を別途請求させていただきます。

テンプレート作成

100,000円~(税込 110,000円)


現場で利用するテンプレート、アイテム、ツールボックス等を作成いたします。

※内容に応じて、お見積りいたします。

 

動作環境

iPad・iPhone版

・iOS 11.4以降

※ M1 Mac動作確認済み

Windows版

・Windows 10 バージョン 1703(Creators Update)以降

・長期サービスチャネル(LTSC)の場合は、2019 LTSC以降

※ メモリ 8GB以上推奨

▼バージョンの確認方法の例

 1.画面左下のWindowsのアイコンを右クリックします。
 2.[システム]を選択します。
 3.[バージョン情報]より[Windowsの仕様]の項目で[バージョン]を確認します。

▼LTSCでご利用時の制限事項

 Windowsストアアプリがインストールされていないため、以下の機能はご利用いただけません。
 ・カメラから追加(写真/動画)
 ・アプリケーションに送る

 

ダウンロード

ダウンロードの前にご確認ください

旧バージョンをご利用のお客様

現在ご利用の法人ID、ユーザーIDは継続してご利用いただけます。詳しくは以下よりご確認ください。 旧バージョンをご利用の方へ

新規のお客様

法人版のご利用には別途アカウントが必要となります。アカウントの発行は、体験版自動発行サイトよりお手続きください。 体験版自動発行サイトはこちら

iOS版(法人製品)

eYACHO for Business 6


eYACHO Viewer 6


Windows版(法人製品)

eYACHO for Business 6


eYACHO Viewer 6


eYACHO Viewerについて

eYACHO Viewerは、eYACHO for Businessと同じアカウントでご利用いただけます。同時に、2つのノートを編集したり、同じシェアノートの別のページを参照したりするのに便利にお使いいただけます。

サイドローディング版

企業内でMicrosoft ストアの利用を制限されている場合、サイドローディングという方法を使ってWindows ストアを介さず直接コンピュータにインストールすることができます。MetaMoJi製品のサイドローディングについては、以下よりご確認ください。 サイドローディング版のダウンロードページはこちら

無料 eYACHOの活用事例が満載!資料を今すぐダウンロード 分かりやすいセミナー動画付き! 30日間 無料 体験版を申し込む eYACHOの機能をさらに詳しく知りたい方はこちら

個人のお客様

個人版と法人版では、動作環境やご利用いただける機能が異なります。


プラン名 フリー版 スタンダード版
価格 無料 フリー版インストール後、アプリ内のアドオンストアからご確認ください
購入方法

ダウンロード(※iOS版のみ)

フリー版インストール後、アプリ内課金にてスタンダード版(年額・月額)をご購入いただくことで、お手持ちのeYACHOがスタンダード版としてお使いいただけます。
ノートの作成 1つまで 無制限
ページの追加 10ページまで 無制限
マイアイテムの登録 3個まで 50個まで
マイテンプレートの登録 3個まで 50個まで
オプション
建設mazecオプション 無料で30日間お試しいただけます フリー版インストール後、アプリ内のアドオンストアからご確認ください
動作環境
iOS 7 以降
【制限事項】
※iOS 15 / iPadOS15 以降では印刷機能をご利用いただけません。詳しくは下記よりご確認ください。
  -MetaMoJi製品の「iOS 15 / iPadOS 15」での動作について ※iOS 16(iPhone用OS)において、マイク機能で録音した音声データの再生ができません。引き続き音声データをご利用になる場合は、iOS 16へのアップデートをお控えください。なお、iOS 16環境で、録音したデータを取り出して、iOS端末の機能で再生することは可能です。詳しくは下記よりご確認ください。
  -MetaMoJi製品の「iOS 16」への対応について   -【FAQ】iOS 16環境で録音した音声を取り出したい

※本ページに表示・記載されている各社の会社名・サービス名・商品名等の商標に関する権利は、権利を保有する各社に帰属します。

▲トップへ