こだわりのインテグレーション・ノート

GEMBA Note

(高度な多機能)×(時間管理)×(自由と定型)×(カスタマイズ)

仕事もプライベートもあなたの考えや活動のすべてをインテグレーションします。

現場で使われるデジタルノートには、アプリを切り替えることなく、自分のしたい作業を完結することが求められています。テキスト、手書き文字、Web、PDF、表計算、カレンダーなどの機能を駆使することで、データを一元管理することができるので、情報を俯瞰して見渡すことができます。これにより、理解を深めたり、未来を見渡したり、よりよい意思決定につながることができると考えます。

お知らせ

2017.03.24
説明会4月も説明会を毎週水曜日に開催します。5日、19日は「はじめてのGEMBA Note」、12日「GEMBA Noteで帳票作成・アプリご活用の相談」、26日「GEMBA Noteによるリモートマネジメント」を開催します。ご参加お待ちしています!コースの概要・時間はこちら>>
2017.02.24
説明会3月は毎週水曜日に開催!1日、22日は「はじめてのGEMBA Note」、8日「GEMBA Noteで帳票作成・アプリご活用の相談」、15日「GEMBA Noteによるリモートマネジメント」、29日「GEMBA Note活用事例 仕事と趣味を両立する」コースの概要や開催時間はこちらからご確認ください。ご参加お待ちしています!>>

GEMBA Noteの特長・機能

※特長・機能を一覧できるカタログ(PDF)は、こちらからダウンロードできます。

日付管理で情報の有効活用

ページに日付を結びつけた管理機能で、すべての情報を日付に分類して一覧できます。今日の会議の議事録、昨日発生した問題点、1週間前の打ち合わせ内容など、共通の要素として日付情報があるため、整理する手間をかけず自然に情報を活用することができます。

ビジネスフォームの作成環境

よく利用するフォームを簡単に作成できる環境を搭載します。表計算ユニットとチェックボックス、数値入力フィールドなどのフォーム部品を配置すれば、交通費精算書や御見積書などよく使うビジネフォームも簡単に作成できます。作成したフォームは、マイアイテムやマイテンプレートとして登録しておけば、繰り返し活用できます。

カレンダーをノートに貼りスケジュール管理

ノートアプリにカレンダー機能を搭載。貼り付けたカレンダーはiOSのカレンダーと同期し、デイリーページの日付に連動させることができます。カレンダーは多くの設定ができ、複数のカレンダーをノートに貼り付け、また、いろいろなオブジェクトをカレンダーの日付やイベントとリンクすることで、必要な情報を管理できます。

お好みのカレンダーを複数貼り付けられる
貼り付けるカレンダーは、1日/1週間/1ヶ月/1年/リスト型の表示形式から選択でき、1ページに複数のカレンダーを配置できます。
カレンダーは常時更新
iOS標準のカレンダーと連携し、常に最新のスケジュールを表示します。クラウド上のカレンダー(Google calendarやOutlook calendarなど)で変更したイベントも自動で反映されます。
カレンダー上で[TODO]も管理
ノートに書いた手書きや画像の情報に[TODO]を設定すれば、その情報はカレンダー上にサムネイル表示され、カレンダー上のイベントと関連付けて管理することができます。カレンダー上のサムネイルから、実際にTODOを記載した場所にジャンプすることができるので、確認したい情報にすぐにアクセスすることができます。

表計算機能はデータ管理の基本

ビジネスの現場では表に整理する情報がたくさんあります。表計算機能をノートの中に組み込むことで、データを一元的に利用できます。表の情報に手書きでアノテーションしたり、写真やボイス、カレンダーなどの情報と結び付けるなど、新しい活用方法を提案しています。

日付時刻の入力
編集バー上に「日付」「時刻」の入力欄があり、ポップアップから日付や時刻を選択して入力できます。
数式入力用編集バーですばやく入力
比較演算子やべき乗演算子を入力するためのキーをキーパッドに配置し、数式入力を支援します。

紙とペンのように自由自在に書ける

文字や絵をスイスイ書くことができるので、忙しい現場でも確実にメモすることができます。現場で撮った写真の上に手書きでメモすれば、より具体的で正確な情報が残せます。

写真の複数同時貼り付けに対応

カメラロールから複数選択してレイアウトされて貼り付けることができます。現場で忙しく作業するときに便利です。複数写真を貼る枠をフォームに定義しておくと、ここに写真を貼ることというフォームができます。

「今」を聞き逃さない音声録音

忙しい現場では、録音しながらメモを取っておけば、あとでメモを書いた位置から音声を再生することができます。 また、日付と音声をリンクできるため、あとからの再生も簡単に行えます。

複数のPDFをノートに集約し、情報管理を支援

PDFファイルをページ内にPDFの枠として貼り付けられます。複数のPDFファイルをノートに集めて管理するのに役立ちます。PDFの枠に複数ページを選択して表示することができます。

メモ書きや写真は、あとで素速くTODO管理

テキストに加え、手書き文字や図、写真もそのままTODOに設定し、完了などの管理が出来ます。TODOはあとから検索も可能。図や写真、音声付きのTODOもそのままリアルな状況を確認でき仕事のやり忘れを防ぎます。

利用シーンごとに最適化できるツールボックスを搭載

よく使う機能やアイテム/テンプレート、複数のノート切替をツールボックスに登録して、道具箱としてまとめておくことができます。ツールボックスは目的や用途に合わせて複数作成でき、利用シーンごとに切り替えて簡単に呼び出すことができます。「GEMBA Note」は超多機能ですが利用シーンで最適にすることができます。

手書きの図形をより美しく仕上げる

ペンで図形を手書きするとき、ペンの種類で「図形で描く」を選択すると、手書きの線がシャープに描かれ、美しい矩形を描くことができます。

外部連携機能も充実

Evernote、WebDAV、iCloud連携やDropbox/Google DirveなどのStorageExtension対応などにより、ノートのインポート・エクスポートをスムーズに行えます。

iPadに加え、iPhoneにも対応

「GEMBA Note」では、iPadとiPhoneの両方のデバイスサイズに対応。どちらの環境からも快適に使えるようUI設計しています。

NEW ウィジェットに対応

よく使うノートをウィジェットに6つまで登録できます。iOS 10ではロック画面のまま右にスワイプするだけで、使いたいノートをすばやく開くことができます。

製品構成について

製品 フリー版
価格 無料
購入方法

App Storeにて無料でダウンロードできます

ノートの作成 1つまで
ページの追加 10ページまで
マイアイテムの登録 3個まで
マイテンプレートの登録 3個まで
製品 スタンダード版
価格

月額480円

年額5000円

※フリー版インストール後、アプリ内のアドオンストアからご確認ください

購入方法 フリー版インストール後、アプリ内課金にてスタンダード版(年額・月額)をご購入いただくことで、お手持ちのGEMBA Noteがスタンダード版としてお使いいただけます
ノートの作成 無制限
ページの追加 無制限
マイアイテムの登録 50個まで
マイテンプレートの登録 50個まで
※超機能を使ってチームでデータを共有!法人版はこちら!

動作環境

OS iOS 8 以降
推奨端末
iPadシリーズ
Air、Air2、Pro 以降
iPad miniシリーズ
3、4 以降
iPhoneシリーズ
6/6Plus、6s/6sPlus、SE 以降
※Windows版:開発中