ペーパーレス化
自社導入事例 01
MetaMoJiの会議は100%ペーパーレス

会議運営の効率化、議論の活性化を実現!

MetaMoJiでは、チーム内の会議から経営会議まで、あらゆる会議においてMetaMoJi Share for Businessを活用しています。東京本社のほか、徳島、大阪、福岡などの複数拠点間での会議を日常的に行っています。

会議の主催者があらかじめシェアノートと呼ばれるノートを作成しておくだけで、参加者はタブレットですぐに会議資料を開くことができるので、メール送付や印刷などの面倒な資料配付の手間は一切かかりません。もちろん遠隔地からも同じように会議資料を開くことができます。

Share for Businessを使うようになってから、遠隔地との会議の開催や資料の共有が簡単にできるようになり、会議での意志疎通もスムーズに。Share for Businessは、複数拠点での会議にとても相性のいいツールであると、社員全員が実感しています。

ペーパーレス化
自社導入事例 02
ブレストでのアイデア出し

ひらめきを逃さない直感性と表現力

ブレストや企画会議などで、さまざまなアイデア出しをするとき、全員がひとつの会議室に集まっていれば、ホワイトボードにそのアイデアを書き出して全員でその内容を共有できます。しかし、複数拠点で会議を行う場合は、どこかの会議室でホワイトボードに書き出しても、離れた場所にいる参加者には見えません。

Share for Businessなら、この課題を簡単に克服できます。離れた場所にいても、参加者が複数拠点にまたがっていても、全員がひとつの文書に書き込むことができ、その内容をリアルタイムに共有できます。さらに、Share for Businessにはホワイトボードにはない、優れた特長がたくさんあります。

ペンで紙に書くように思いつくアイデアをどんどん手書きで書き込んで、あとから並び替えてグループ化したり、大きさや色を変えたり、編集も自由自在。これを複数人で共有するので、議論はいっそう活発化し、アイデアがどんどん膨らみます。

今すぐ体験!すぐにアカウントを発行できます

PAGE TOP