ペーパーレス化 導入事例【企業】

株式会社大林組

エンジニアリング本部情報エンジニアリング部情報技術課 課長 山口 直之氏

シェア環境でテレワークを実践新しいワークスタイルにチャレンジ

遠距離を感じずコミュニケーションが可能に

山口課長の所属する部署は、建設会社のエンジニアリング部門として、最先端ICTで建物に付加価値を提供しています。プロジェクト初期の営業段階から設計・施工・運営段階に至るまでを一貫して提供するため、日々お客様や現場とのコミュニケーションが欠かせません。

山口課長は最近、一時的に大阪に駐在されることになり、東京と大阪両方に席があります。東京に在席する部下の方々とのコミュニケーションにシェア環境を使われています。

シェア機能を利用してテレワークを実践されている山口課長に具体的な活用方法や導入効果について弊社専務 浮川初子がお話を伺いました。

シェアでテレワークを実践新たなワークスタイル

 「当課では課員全員が東京で、私だけが大阪に駐在しています。 週初めには課内会議をSkypeとシェアノートで行います。 メンバーは東京の会議室で、私は大阪の自席でイヤホンをつけての環境で行っています。

大阪で駐在する山口氏

大阪で駐在する山口氏

 各案件の進捗管理確認に利用しており、PDFで各人の予定表を読み込み案件毎にその進捗を確認していきます。 担当課員一人一人が説明してアップデートと懸念事項を確認していきます。 発言者が説明する頁に工程表を読み込み、レーザーポインターで該当個所を示したり、 みんなで書き込んだり、「ここは、どうなった?」というようなコミュニケーミョンが楽にできています。

PDFを読み込み共有

PDFを読み込み共有

 情報エンジニアリング部で作成する、建物のセキュリティなどICTサービスの提案書類は、すべて私が確認を行います。課員からシェアノートでレビューを受けて、細かい指摘を行います。 ここのカードリーダーの収まりは大丈夫かな?この文言はこう変えた方がいいかな?等の細かい確認もできます。

提案書類もシェアノートで確認

提案書類もシェアノートで確認

 また、議事録のチェックなどもシェアノートに赤入れをしてフィードバックしてます。 部下とはシェアノートと電話で気軽に何時でもコミュニケーミョンがとれています。 特に、シェア環境では、常にノートが共有されていて、各担当者がそれぞれに書き込みを行うことで電話だけでは伝わらない細かいニュアンスまで共有でき、コミュニケーションの密度は遙かに向上しました。メンバーが赤入れしているのを見て即コメントを書くなど、遠距離を感じず仕事ができています。」

遠距離を感じずコミュニケーションが可能に

遠距離を感じずコミュニケーションが可能に

 「当初は部下を東京に残して大阪に駐在することに迷いもありましたが、短期的ならばTV会議とシェア環境で、課員とのコミュニケーションは十分にとれると考えました。ほぼ、予想通りで、大変助っております。 もちろん私自身の部下に対する信頼と彼らの協力があったからであることは言うまでもありません。 また、新たなワークスタイルを考えるうえで、非常に有益なツールであったと感じています。」

シェア環境を利用した新しいチームワークを実践!

 山口課長は、顧客とはFace to Faceでコンタクトし、社内の部下の方々とは遠隔テレワーク環境で密に仕事をされています。まさに新しいチームワークを実践されており、それをMetaMoJiのシェア機能が支えるんだと思うと感銘を受けました。

(浮川初子記)

写真右より、 会社大林組 山口 直之氏、 弊社専務 浮川初子

写真右より、 株式会社大林組 山口直之氏、 弊社専務 浮川初子

本取材は2017年7月に行われました。画面キャプチャ、機能、肩書きは当時の情報に基づきます。

今すぐ体験!すぐにアカウントを発行できます

PAGE TOP