GEMBA Note for Business の機能

GEMBA Note for Business 4 では新機能が追加され、既存機能も大幅に改良されています。

※Windows版GEMBA Note for Business Ver.3では一部ご利用いただけない機能があります。

紙とペンのように自由自在に書ける

文字や絵をスイスイ書くことができるので、忙しい現場でも確実にメモすることができます。現場で撮った写真の上に手書きでメモすれば、より具体的で正確な情報が残せます。

日付管理で情報の有効活用

ページに日付を結びつけた管理機能で、すべての情報を日付に分類して一覧できます。共通の要素として日付情報があるため、整理する手間をかけず自然に情報を活用することができます。

ビジネスフォームの作成環境を搭載

フォーム部品を配置するだけでビジネフォームを簡単に作成できます。テンプレートとして登録しておけば、繰り返し活用できます。

「今」を聞き逃さない音声録音、追っかけ再生も可能

メモを取りながら録音できるので聞き漏らしても安心です。メモを書いた時点の音声から再生することもできます。

画期的なカレンダー(iOS版)

ノートに貼り付けたカレンダーはiOSのカレンダーと同期し、デイリーページの日付に連動させることができます。複数のカレンダーをノートに貼り付け、いろいろなオブジェクトをカレンダーの日付やイベントとリンクすることで必要な情報を管理できます。

お好みのカレンダーを複数貼り付けられる
カレンダーのスタイルは、1日/1週間/1ヶ月/1年/リスト型から選択可能で、1ページに複数のカレンダーを配置できます。Ver.3では背景画像も設定に。同期対象のカレンダーのイベントを一列ごとに表示するタイムテーブル機能も搭載しています。
カレンダーは常時更新、仮の予定も登録可能
iOS標準のカレンダーと連携し、常に最新のスケジュールを表示します。クラウド上のカレンダー(Google calendarやOutlook calendarなど)で変更したイベントも自動で反映されます。Ver.3では、仮のスケジュールを管理する機能も搭載しています。
手書き入力に対応OPTION
Ver.3では手書き認識モードに設定すると手書きでイベントを登録できます。

※「mazec(マゼック)オプション」の購入が必要です。

表計算機能はデータ管理の基本

表計算機能をノートの中に組み込むことで、データを一元的に利用できます。表の情報に手書きでアノテーションしたり、写真やボイス、カレンダーなどの情報と結び付けるなど、新しい活用方法を提案しています。

日付時刻の入力
編集バー上に「日付」「時刻」の入力欄があり、ポップアップから日付や時刻を選択して入力できます。
数式入力用編集バーですばやく入力
比較演算子やべき乗演算子を入力するためのキーをキーパッドに配置し、数式入力を支援します。
スプレッドシートを簡単きれいに作成可能
「セル結合」など一般的なスプレッドシートの機能を搭載しているので帳票も簡単にきれいに作成することができます。!

利用シーンごとに最適化できるツールボックス

よく使う機能やアイテム/テンプレート、複数のノート切替をツールボックスに登録して、まとめておくことができます。業務ごとに複数作成しておき、切り替えて使うことができます。

メモ書きや写真もTODO管理

テキストに加え、手書き文字や図、写真もそのままTODOに設定して管理できます。未完了のTODOだけを取り出すこともできるので、業務のやり忘れも防止します。

写真の複数同時貼り付けに対応

複数選択してノートに貼り付けることができます。写真を貼る枠を定義しておくことで、フォーム内に写真を貼り付けることができます。

動画を活用してよりわかりやすいノートに

現場で動画を撮影しノートに貼り付けることで、関連情報と共に管理できます。MetaMoJiクラウドにより、セキュアな環境で、スピーディーに共有できます。

図面の作成支援を強化

ペンの種類で「図形で描く」を選択し、さらに「寸法線」や「用紙罫線へのスナップ機能」を利用すると、手書きの線がきれいな矩形に調整されます。

複数のPDFをノートに集約

従来のページ単位のPDF取り込みに加え、PDFの枠としてページ内に複数貼り付けることができます。PDFの情報を集約して表示するのに役立ちます。

Spilt Viewに対応(iOS版)

画面を2分割して使用することができます。※iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4 で利用できます。

全天球画像に対応

「RICO THETA」などで撮影された全天球画像をノートに貼り付けることができます。

Webページの貼り付けに対応

Webページをノートに貼り付けることができます。表示する範囲も自由に設定できます。

iPhoneにも対応(iOS版)

iOS版では、iPadとiPhoneの両方のデバイスサイズに対応。どちらの環境からも快適に使えるようUI設計しています。

離れた場所でも簡単確実な意志疎通

MetaMoJi独自のリアルタイム伝搬技術「シェア機能」を搭載。現場と事務所など離れた場所に居ても、ほかのユーザーとノートを共有、手書きで同時に書き込みができます。

リンクユニットで情報を共有・集約

チームで共有しているシェアノートから必要なページを個人のノートにリンクとして挿入したり、個人のノートにあるページをチームのシェアノートに挿入したりできます。

mazecで快適な手書き入力を実現(オプション)

mazec(マゼック)オプションを追加すると、手書きで入力した文字をテキストに変換できます。手書きした文字をそのまま入力できる「書き流し入力」やあとからテキストデータに変換できる「後から変換」機能も利用できます。

手書き文字をテキストに変換
手書き文字をそのまま入力「書き流し入力」
手書きでメモ、あとからテキストに変換「後から変換」
カレンダーにも手書きで入力可能
手書き認識モードに設定すると、手書きでイベントを登録できます。

ミーティングの開催・進行を支援(オプション)

ミーティングオプションを追加すると、資料の準備から終了までトータルにサポートする便利な機能をご利用いただけます。

発表者の画面が参加者全員に伝搬、スムーズな進行を支援
発表者になると、ページ切替やピンチイン・ピンチアウトといった操作がすべての参加者に伝わり、リアルタイムに画面共有されます。
今後のミーティングの予定が一目瞭然
今後のミーティングの予定などが一覧表示される「シェアビュー」から簡単にシェアノートを開くことができます。
Webブラウザ上で資料の準備~配布まで完了
Webブラウザ上で、PDF/JPG/PNGファイルからミーティング資料を作成し、指定したドライブやフォルダに配付することができます。