MetaMoJi Share for テレワークのオンラインセミナー。テレワーク不安解消セミナー なぜテレワークでは対面と同様の会議ができないのか?

Web会議での『文書共有』の弱点・課題は、

①Web会議システムの画面共有では、一方通行のコミュニケーションになりがち

②Web会議システムの共有画面では、画質が悪く、解像度も低く、資料が見づらい

③参加者全員に伝えるメモ書きや自分だけのメモ書きをしたいができない

リアルタイム文書共有システム「Share for テレワーク」が解決!!

①複数の人が同時に書き込めるため、双方向でリアルタイムなコミュニケーションを実現

②見たいページ、見たい箇所を見やすい大きさで拡大表示しながらの説明が可能。どんなに拡大しても表示がぼやけない

③資料上に参加者全員が同時にメモ書きができ、書いたメモがリアルタイムに全員の資料に同期される。個人だけのメモ書きもできる

Share for テレワークでの解決方法と会議フロー



詳しくはセミナーでご紹介します!

テレワーク以外でもさまざまな用途で利用

  • テレワークに最適!

    テレワークに最適

    自宅やサテライトオフィスなど複数拠点に分散した同僚との社内会議(在宅勤務)

  • スムーズな商談

    リモートでの商談

    対面で直接お会いすることのできないお客様・取引先との商談(リモートワーク)

  • 設計図・図面のレビューやカタログ・パンフレットの校正作業

    レビューや校正作業

    自設計図・図面のレビューやカタログ・パンフレットの校正作業

  • 対面での社内会議

    日常的な社内会議

    対面で行う役員会議や部内会議でのプレゼンテーション

  • 各拠点とのブレスト会議でのアイデア出し(ホワイトボード機能)

    ホワイトボード機能として

    各拠点とのブレーンストーミングやアイデア出し会議

  • 絶えず、最新情報を確認したい(掲示板機能)

    掲示板機能として

    絶えず、最新の情報を共有・確認

 

セミナー概要

開催日時
2021年7月01日(木) 13:30~14:45
2021年7月01日(木) 13:30~14:45
セミナー内容
テレワークの導入・活用が顕著になった最近では、リモート環境でのWeb会議が増えましたが、その一方で、Web会議ならではの“不便さ”も顕在化してきました。共有画面では説明しづらい、相手の反応がわからないなどの”不便さ”を明らかにし、解消方法をご紹介いたします。
また、解消方法を踏まえ、「Share for テレワーク」を一緒に操作しながら、オフィスにいる時と同じように会議ができることをご体験いただきます。
プログラム
「テレワーク/Web会議」の不便さとは
「テレワーク/Web会議」の不便さの解消方法は
「MetaMoJi Share」導入のポイント
「MetaMoJi Share」での会議の進め方
「MetaMoJi Share」特徴機能
「テレワーク/Web会議」での導入事例 など
Q&A
講師

藤田 剛史(営業戦略室・Eコマース部兼務 シニアマネージャー)
<プロフィール>
「MetaMoJi Share」を企業・自治体・文教担当営業として多数の導入実績有り。ソフトウェア直販サイト「MetaMoJi Direct」の開設と同時に事業責任者となる。 テレワークにおける「MetaMoJi Share」の可能性を訴求するセミナー講師多数

受講料
無料
定員
20名
参加方法
本セミナーは、Web会議システム「Zoom」で行います。セミナー参加URL等につきましては、セミナー実施の数日前に別途メールにてご案内いたします。ご不明な点がございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。
お問い合わせ
株式会社MetaMoJi セミナー事務局
Eメール:seminar_ep@metamoji.com

TEL:050-3705-4880
TEL受付時間/10:00~12:00 13:00~17:00
(土日祝祭日、弊社休業日を除く)

無料体験版のお申込はこちら

PAGE TOP