7notes with mazec for android

mazec3の新機能 字形学習機能をご紹介!

こんにちは!
MetaMoJiのAndroid担当masaです。

さて、今回は新機能のご紹介を行います。

先日、手書き日本語IMEである「mazec2」を大幅にパワーアップの上『mazec3』としてアップデートいたしました。GooglePlayよりダウンロードいただけます。



mazec3製品版はこちら!(Google Playへ)
mazec3体験版はこちら!(Google Playへ)



今回のアップデートの中で、目玉となる機能は以下のものです。

書かれた方のくせ字を学習し、手書き認識時のストレスを最小にする『くせ字学習機能』
略字・記号などを登録することにより、よく使う文字を素早く認識させることができる『略字登録機能』

どちらもご要望が多かった機能で、mazecの使い勝手向上に大きく貢献する機能ではないかと思います。

【くせ字学習機能とは?】
くせ字学習機能は、文字通り書いた人の「くせ」を学習し、文字認識の効率を飛躍的に高めることができる機能です。
使い方は簡単!書いた字が正しく認識されなかった時に、文字下のボタンから認識してほしい字を選択していただくだけでOK!別画面で登録するような手順をふまないため、入力の手を止めることなく文字認識精度を強化できます。


まずクセっとした字を書いてみます・・「何」が「付」と判定されました

くせ字を書いて・・・

これはクセがあるけど「何」だよとmazecに教えます

本来認識してほしかった字を選択します。実は操作はこれだけ!

正しく(?)「何」と認識されました!学習されたので次からも正しく認識OK!


こんな感じで使ってみてください。どんどん認識精度があなた好みに変わっていきますよ-。




【略字登録機能とは?】
略字登録機能は、普段使わない字や特殊な字・記号などをあらかじめ登録しておくことにより、入力時の使い勝手を向上させる機能です。こちらも使い方は簡単!
登録した維持をmazec上に書いて、文字下のボタンを押して、「登録」を押していただくことにより略字の登録が行われます。

多摩の略字を書いていきます・・

まずは多摩の略字を書きます・・当然正しく認識されませんね。

認識文字の候補を表示して、「登録」を押します

認識文字の候補を表示させて、「登録」を押して下さい。 すると・・

これがmazecの字形登録画面です

字形登録の画面が出てきます。こちらにこの略字をどう認識させるかを登録します。操作はこれだけ!

正しく認識されました!

略字が正しく認識されました!すごい!


今回は「多摩」を例にしましたが、ほかには・・・

『職業』

略字の例「職業」

『慶応』

略字の例「慶應」
※個人的にこの略字には度肝を抜かれました・・。


なんてものも登録可能です。
是非略字登録機能を活用していただき、mazecをあなた好みのIMEに仕立ててみてくださいね。




2013年12月5日、Google Playによる『Google Play Best of 2013』において、手書きによる文字入力アプリ「mazec2」がベスト有料アプリを受賞しました!

『Google Play Best of 2013』は、2012年11月から2013年10月の間に登場したアプリの中から、Google Play スタッフが厳選の上、各部門における2013年のベストアプリを決定するものです。
※上記アワードはアップデート前の「mazec2」の時に受賞したものです 現在は大幅な機能アップを行った『mazec3』としてGoogle Play上にて提供しています

ベスト有料アプリをmazecが受賞!

現在Google Playでは、ベスト有料アプリ受賞&mazec3アップデートのダブル記念で50%OFFのセールを開催しています。なーんか今使ってる入力が合わないんだよなあ・・とお考えの方は是非この機会にmazec3をご利用ください!

mazecセール中!
セール中のmazec3製品版はこちら!(Google Playへ)

いかがでしたでしょうか?
大きく機能改善がはかられ、見た目も使い勝手も大きく変わった『mazec3』、優れたアプリとして高い評価をいただいています。是非ご利用頂き新しい機能をお試し下さい。

本年の更新はこれで終了です。一年間誠にありがとうございました!
次回もmazec3の強化ポイントを紹介いたします。是非お楽しみに!

以前の記事はこちら