7notes with mazec for android

使用許諾(製品版)

ご使用前に必ずお読みください。

7notes with mazec 製品版
ソフトウェアライセンス契約書

株式会社MetaMoJi(以下「弊社」といいます。)は、弊社がお客様に対して提供するソフトウェア製品「7notes with mazec for Android」(以下「本ソフトウェア」といいます。)のお客様による購入及び使用の条件に関し、以下のとおり定めます。お客様は以下に定めるソフトウェアライセンス契約書(以下「本契約書」といいます。)に定める条件に同意し、その内容を遵守して本ソフトウェアを使用するものとします。尚、お客様が本ソフトウェアの使用を開始した場合には、本契約書に同意したものとみなされます。

第1条 定義

本契約書において、次の用語は以下のとおり定義されます。

  1. 「本ドキュメンテーション」とは、本ソフトウェアに付随する説明書その他本ソフトウェアとともに提供される一切の文書の書面又は電子データを意味します。
  2. 「ライセンス対象コンピューター」とは、本契約書の定めに従って本ソフトウェアを実行するために使用される単一のコンピューター端末を意味します。
  3. 「デザインコンテンツ」とは、本ソフトウェアに関連して提供される一切のグラフィック・イラスト・画像・テンプレート等の電子データを意味し、本ソフトウェアに含まれているか、又は本ソフトウェアに付随したサービスにおいてお客様に対して有償または無償で提供されるものであるかは問いません。尚、デザインコンテンツは本ソフトウェアの一部を構成するものであり、その使用条件には本契約書に定める本ソフトウェアの使用条件が適用されます。
  4. 「本更新版プログラム」とは、弊社による本ソフトウェアの開発済み更新版プログラムを意味し、本ソフトウェアにおける不具合の改修や一部の機能改善・機能追加を行ったアップデートモジュールや、本ソフトウェアのバージョンアッププログラムを含みます。

第2条 本ソフトウェアの使用許諾、使用の制限及び権利帰属

  1. お客様が第3条に定めるライセンス料金を支払うことを条件として、弊社はお客様に対して、本契約書の有効期間中、以下の内容の本ソフトウェアの使用に関する非独占的の権利を許諾します(以下許諾された権利を「本ライセンス」といいます。)。
    1. お客様は、お客様が購入されたライセンス対象コンピューター1台において複製(プリインストール)されている1つの本ソフトウェアを、当該ライセンス対象コンピューターにおいてのみ使用することができます。
    2. お客様は、本ソフトウェアを使用して作成する文書や画像等のデータにおいて、「挿絵」又は「装飾」の目的に限り、デザインコンテンツを使用することができます。
    3. お客様は、弊社より本更新版プログラムが提供された場合、本更新版プログラムを使用することができます。この場合、本更新版プログラムには本契約書に定める本ソフトウェアの使用条件と同一の使用条件が適用されます。
  2. 本ソフトウェアは、ライセンス対象コンピューターとともにお客様に提供されるものであり、お客様は、本ソフトウェアがすでに複製(プリインストール)されているライセンス対象コンピューター以外のコンピューター端末において本ソフトウェアを使用することはできません
  3. 本更新版プログラムの提供は、当該更新版プログラムを弊社が開発し、その時々において弊社のお客様に対して提供可能になった時点で、弊社が別途定める方法により提供されます。お客様は、弊社は本契約に基づき特定の本更新版プログラムを開発する義務を負うものではないこと、又、本契約に基づき本更新版プログラムの提供を実施することを保証するものではないことについて同意をするものとします。
  4. 本契約書の有効期間中、お客様は、直接又は間接を問わず、以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. (a)本ソフトウェア及び本ドキュメンテーション、(b)本ソフトウェアの更新版や修正版を、販売、再販売、使用許諾、再使用許諾、賃貸、リース、頒布し、その他(a)及び(b)に関する権利を譲渡し、又は質権等の担保を設定すること。又、デザインコンテンツ自体の取引・頒布を目的とした使用、商品又はサービスのデザインとしての利用及び商標・ロゴ・シンボルマーク・イメージキャラクタとしての使用もしくは登録を行うこと。
    2. 本ソフトウェア又は本ドキュメンテーションに貼付され若しくは含まれる、著作権、商標、その他の商品表示、ロゴ、マーク等の表示若しくは使用許諾に関する警告を除去又は変更すること。
    3. 本契約書に基づいて許諾される範囲を超えて、本ソフトウェアを使用若しくは実行し、又は、使用のために複製(インストール)すること。
    4. 本ソフトウェアの全部又は一部のリバースエンジニアリング、逆コンパイル若しくは改変を行うこと。
    5. 本ソフトウェアをネットワーク経由で使用し、又は使用させること。
    6. 本ソフトウェア又は本ソフトウェアの機能を利用した処理・サービスをネットワーク経由で提供すること。
    7. 本ソフトウェアに予め設定されている技術的な制限を解除又は無効にする行為、当該行為の方法を公開すること、並びにこれらの方法を用いて本ソフトウェアを複製、翻案、使用すること。
  5. 本ソフトウェアには、弊社又は第三者が提供する無償又は有償のソフトウェア又はオンラインのサービスと連携することによって実現される機能(以下「連携機能」といいます。)が実装されている場合があります。この場合、お客様は、当該ソフトウェアにかかるライセンス契約又は当該サービスにかかる利用規約についても同意の上で連携機能を利用するものとし、又、当該ソフトウェアの使用に要する費用等及び当該サービスの通信にかかる費用等をお客様自身で負担の上で連携機能及び当該ソフトウェア又は当該サービスを利用するものとします。但し、弊社は、本ソフトウェアにより実現される連携機能、及び当該ソフトウェア又は当該サービス、並びに当該サービスにおいてお客様が保存・投稿等を行ったお客様の文書等のデータの完全性(当該データが破壊されないことを含みます。)、正確性、有用性、安全性、安定性を含む一切の保証を行わないものとし、また、弊社は、お客様の承諾なく本ソフトウェアにおける連携機能、当該ソフトウェア又は当該サービス(当該ソフトウェア又は当該サービスを弊社が提供している場合に限ります。)の提供を中断または終了することができるものとします。
  6. お客様は、本ソフトウェアの機能及び前項に定める弊社が提供するサービスを利用して、本ソフトウェアを使用して作成した文書等を、第三者が提供するソーシャル・ネットワーク・サービス等のサービスに投稿(以下、弊社が提供するサービスを通じて投稿された文書等を「投稿記事」といいます。)することができます。お客様は、かかる投稿を行う場合、お客様が当該投稿記事に対して有している著作権その他の権利を弊社に譲渡するものとし、第三者に対して当該投稿記事にかかる著作者人格権を主張しないものとします。但し、お客様は投稿記事を、投稿記事の複製、翻案、改変、頒布その他の利用を行う上で必要な範囲で利用することができるものとします。又、お客様は、投稿記事がかかるソーシャル・ネットワーク・サービス上において、投稿と同時にお客様以外の第三者より閲覧できるようになること、お客様以外の第三者が投稿記事を改変することがあることを認識及び承諾した上で、自己の責任に基づいて本ソフトウェアの機能及び弊社が提供するサービスを利用するものとし、弊社および第三者に対して何らの迷惑をかけてはなりません。尚、お客様が、本ソフトウェアの機能及び弊社が提供するサービスを利用して投稿記事を投稿できるのは、かかるソーシャル・ネットワーク・サービスにおいて当該ソーシャル・ネットワーク・サービス事業者以外の第三者のソフトウェアやサービスを通じて文書等を投稿することが認められている場合に限られます。
  7. お客様は、お客様に提供される本ソフトウェア、技術、情報、コード又はその他のソフトウェア及び本ドキュメンテーション(その全ての部分、コピー又は修正を含みます。)に対する全ての権利、権原及び権益が弊社又は弊社に使用を許諾した第三者に帰属することを確認します。お客様は、本ソフトウェア及び本ドキュメンテーションを開示・公表し、又は第三者のライセンス条件等と組み合わせる等ことによって、本ソフトウェア及び本ドキュメンテーションが公有に属する結果となる可能性のあるいかなる行為もしてはならないものとします。

第3条 ライセンス料金及び支払

お客様は、本ライセンスについて弊社が別途定める金額(以下「ライセンス料金」といいます。)を、お客様が本ソフトウェアが複製(プリインストール)されたライセンス対象コンピューターの購入時においてかかる購入代金の一部として支払うものとします。本契約書に別段の定めがある場合を除き、お客様から弊社に対して支払われたライセンス料金及び費用は、返金されないものとします。

第4条 保証の不存在等

  1. 弊社は、お客様が本ソフトウェア購入後90日間に限り、本ソフトウェア及び本ドキュメンテーションに重大な瑕疵が発見された場合、当該瑕疵の内容に応じて、弊社の判断に基づき弊社所定の方法により、修補した本ソフトウェア又は本ドキュメントの提供、当該瑕疵に関する解決方法の案内、又は代金の返還を行うものとします。但し、動作保証対象外のハードウェアに起因する本ソフトウェアの動作不具合、特定のハードウェアまたは特定のソフトウェアに起因する本ソフトウェアの動作不具合、またはそれらと本ソフトウェアとの組み合わせたことに起因する動作不具合については、弊社は責任を負わないものとします。
  2. 弊社は、本ソフトウェアの品質・機能がお客様の特定の使用目的に適合することについて保証は行いません。お客様は、自己の責任により、本ソフトウェアを複製(インストール)し、使用するものとします。
  3. 弊社は、本ソフトウェア及び本ドキュメントに関して、第1項に定める以外の責任を負わないものとします。弊社が本契約に基づき負う損害賠償その他の責任は、いかなる場合であっても、第5条に定める範囲に限られるものとします。
  4. お客様は、本ソフトウェアにオープンソースソフトウェアその他の第三者のソフトウェアが含まれていることを確認し、当該第三者がソフトウェア使用許諾契約書等を付して該当するソフトウェアを提供している場合にはその使用条件に従うものとします。また、お客様は、弊社が、かかる第三者のソフトウェア等について、いかなる保証も行わず責任も負わないことを了承し、これに同意します。

第5条 責任の限定

弊社は、お客様に対して、本契約書又は本ソフトウェア若しくは本ドキュメンテーションの使用若しくは使用不能に起因し、又は、いずれかの方法によって関連する、間接損害、特別損害、付随的損害又は結果的損害について、いかなる場合においても何らの責任も負わないものとします。かかる損害には、営業上の信用の喪失、操業停止、利益の喪失、データの消失、コンピューターの故障及びその他の商業上の損害又は損失による損害も含まれ、損害発生の可能性について知らされていた場合であっても、また、かかる請求の根拠が契約、不法行為、その他によるかを問わず、同様とします。いかなる場合であっても、本契約書に起因若しくは関連する弊社の賠償責任は、直接損害に限定されるものとし、賠償責任額の総額は、弊社がお客様から受領したライセンス料金を超過しないものとします。

第6条 知的財産等

  1. 第三者が、お客様に対して、お客様による本ソフトウェアの使用がいずれかの国における特許権、著作権、商標権又は営業秘密を侵害していると主張する場合には、お客様は、速やかに、弊社に対して、その旨を書面により通知しなければならないものとします。お客様は、弊社が、かかる侵害に関する防御活動及び関連する全ての和解交渉を支配することを希望する場合、弊社に合理的な協力を行うものとします。
  2. 第三者による侵害の主張の結果、お客様による本ソフトウェアの使用に対して差止請求が提起され、又は、差止請求が認められた場合には、弊社は、弊社の費用負担及び選択により、(a)差止対象となった本ソフトウェアを継続使用することのできる権利をお客様のために取得すること、(b)差止対象となった本ソフトウェアを、第三者の権利を侵害しない、機能的に同等なソフトウェアに交換若しくは修正すること、又は、(a)若しくは(b)が商業的に実現可能でない場合には、(c)差止対象となった本ソフトウェアに関して弊社がお客様から受領したライセンス料金を返金して、本契約書を解除し若しくは該当する使用許諾を終了させることができるものとします。
  3. 弊社は、以下のいずれかに該当する場合には、第三者による知的財産権の侵害の主張に対して、何らの責任も負わないものとします。
    1. お客様が、その時点における最新のアップデートモジュールの導入等、本ソフトウェアがその時点における最新の状態に更新されていない場合。
    2. お客様が、本ソフトウェアと、本ソフトウェア以外のソフトウェア又はシステムとを組み合わせたことに起因する侵害である場合。
    3. 第三者が製造したソフトウェアに起因する侵害である場合。
  4. 前三項に定めるものが、第三者による知的財産権の侵害の主張に関して弊社が負う責任の全てであり、お客様の唯一かつ排他的な救済となるものとします。

第7条 有効期間及び契約の終了等

  1. 本契約書及び本ライセンスは、お客様が本ソフトウェアが複製(プリインストール)されているライセンス対象コンピューターを購入した時点において有効となり、お客様が本ソフトウェアが複製(プリインストール)されているライセンス対象コンピューターの使用を終了した時点で終了します。
  2. お客様が本契約書の条件に違反し、お客様が違反に関する書面による通知を受けてから30日以内にかかる違反を是正しない場合には、弊社は本契約書を解除することができるものとします。
  3. 本契約書の終了の理由の如何を問わず、本契約書第2条第6項、第7項、第3条、第4条、第5条、第6条、第7条並びに第8条第2項、第3項、第5項及び第7項は、本契約書の終了後も引き続き効力を有するものとします。

第8条 一般条項

  1. いずれの当事者も、天災その他の不可抗力による履行遅滞又は不履行については、責任を負わないものとします。
  2. お客様は、本ソフトウェア又は本ソフトウェアに含まれる情報若しくは技術を、公衆送信し、頒布し、及びいずれかの国の法令等に違反して輸出し又は再輸出してはならないものとします。
  3. お客様は、弊社の事前の書面による承諾がない限り、本契約書に基づく契約上の地位を譲渡してはならないものとします。
  4. 本契約書のいずれかの条項の全部又は一部が無効であると判断された場合であっても、かかる判断は、本契約書のその他の条項の有効性には影響しないものとします。
  5. 本契約書のいずれかの条項の違反に対する権利の放棄は、その他の違反又はその違反に引き続く違反に対する権利の放棄とはならず、また、放棄したものと解釈されはならないものとします。
  6. 本契約書に従ってなされる通知は書面によるものとし、手渡し、ファックス、翌日配達クーリエ便、又は書留郵便若しくは配達証明郵便により、別途指定される住所宛に送付するものとします。本項に従って送付された通知は、その受領の時点でなされたものとみなします。
  7. 本契約書は日本法に準拠するものとします。弊社及びお客様は、本契約書に関する紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。
  8. 本契約書に関するいかなる変更又は修正も、別途両当事者が署名した書面によらなければなすことができないものとします。本契約書は、本契約書の主題に関する当事者間の完全な合意を構成し、本契約書の主題に関するあらゆる事前の、及び、本契約書と同時に存在する、口頭又は書面による合意に優先するものとします。

以上

このページのトップへ戻る